エール

| コメント(0) | トラックバック(0)

 やっと大阪府では私学高校の入試が終わりました。
うちの次男も専願だったため、
無事受かっていればこれで高校受験は終わりです。

 ここ数年大阪府では受験のシステムが右往左往していますので、
これから公立校の試験を受ける人や来年以降受ける人も大変です。

試験の制度改正だけでなく、
クラブ活動で推薦を受ける人なども、
親がどれほど熱心に情報を集めるかでかなり進路は変わります。

本来は子どもが行きたい進路を選択するのが良いのでしょうが、
なかなか子どもだけでは適切な進路を選択するのは難しいため、
親が子どもの適正や高校の校風、進路、就職、部活動などの成績などを考え、
それに合わせて子どもの進路向け対策を練ったりします。

高校選択を間違えると3年間が非常に勿体ないことになりますし、
すっかり腐ってしまうこともあります。
少々過保護ではありますが、
進路選択は慎重に情報戦を行う必要があるのが現実。

後で後悔しないためにも、
諸先輩や先生、コーチ、監督など使えるものは駆使して、
是非進路選択をして下さい。
これから公立校を控えている方々(子どもや親)は、
ラストスパート頑張って下さい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hiyorido.info/mt/mt-tb.cgi/690

コメントする

:必須項目

アーカイブ